新着情報

鳴ちゅるうどん新レシピ開発VOL.1 「日本料理 三楽」様の「鳴ちゅるうどんすき」

日本料理 三楽

店主である谷 寿夫氏は、徳島市において、日本料理店「三楽」のオーナー料理人として営業を行っています。
名門“つる家”で修行。東京芝大門の若松を経て帰郷。平成3年、三楽(鷹匠町で)開業20年を超えての日本料理店です。
ご主人の料理に対して前向きな姿勢や人柄が多くのファンを魅了しています。

料理名は「鳴ちゅるうどんすき」寄せ鍋です。

日本料理 三楽 鳴ちゅるうどんすき 三楽うどんすき完成

食材
①「かつお、こぶ」のだし
②つみれ(鶏)
③肉(豚ロースしゃぶしゃぶ用)
④野菜(キャベツ・ごぼう・人参・大根・わかめ・きのこ・ニラ・ネギ)
⑤鳴ちゅるうどん
⑥「しょうが」または「すだち」

作り方
①「かつお、こぶ」のだし鍋に、つみれ(鶏)を入れる。
②肉(豚ロースしゃぶしゃぶ用)を入れる。蓋をし、しばらく沸かせる。
③野菜(撮影時はキャベツ・ごぼう・人参・大根・わかめ・きのこ・ニラ・ネ
ギ)を入れ蓋をし、沸かせる。
④うどんを入れる。
⑤完成。「しょうが」もしくは「すだち」を好みで入れる。

このメニューにした理由
夏から秋への移り変わりのこの時節に一番適したものがわかりやすく、この「鳴ちゅるうどん」の良さが引き出せると考えた。
また、「鳴ちゅるうどん」を食した時に味わう小麦の風味がなつかしく、美味しさを忠実に表現したかった事です。

店主に聞く!ウマイ㈱の鳴ちゅるうどんを食べた感想
他にない麺の風味と柔らかさの中に「コシ」があり、なつかしい味わいと小麦の味が麺ともに口の中に広がって、他のうどんでは味わえない味でした。